書評

【書評】ぼくたちは習慣で、できている【佐々木典士・著】

■はじめに 今回はミニマリストな話。テーマはこちらの本のレビュー記事です。 ぼくたちは習慣で、できている。 posted with ヨメレバ 佐々木 典士 ワニブックス 2018-06-14 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 この経緯としてはツイッターにて先…

【書評】単調な日常に退屈している方に向けて…おススメの2冊

最近ようやく暖かくなってきたので今回は久しぶりに旅ネタの書評を。 結局旅ネタはこの一記事を書いたきり完全にとまっていましたが…全くドラムと関係ないことを頻繁に書くのもどうかと思っていまして止めてました笑。 www.drum-lesson.net しかしこのブログ…

200記事書いて思ったこと~「読んでもらえる」文章を書くコツとは?~

さてこのブログも今回でようやく200記事。ブログを書く習慣のまったくなかった私がここまで続けられたのも、見ていただいた方たちのお陰であります。 というわけで100記事目のときと同様に… www.drum-lesson.net 今回のテーマは珍しく「ブログ」です。今回は…

「ハマる」演奏の正体は…能の言葉である「離見の見(りけんのけん)」にあった?

今回は久々ドラムの話…ではあるのですが少々マニアックな話ですいません。テーマは「ドラマーが持つべき離見の見(りけんのけん)」のについて。 これだけだと何のことやら?なんですけど、要はこれはライブやリハーサルなど演奏が「はまる」瞬間ってあると…

「旅に出ること」=スコトーマを外すこと

■はじめに こちらのブログもおかげさまで200記事近くになり、これまでは一応「音楽ブログ(ときどきミニマリストな話)」として多くの方々に読んでいただいてきたわけなのですが… まぁ四六時中音楽のことを考えると私が煮詰まってくるので笑、以前から書こう…

ミュージシャンに必要な「直観力」とは?

今回は半分書評・半分音楽のお話です。 最近タイトルに魅かれてこの本(「直観力」メンタリストDaiGo・著)を読んだのですが。本文中に「ギタリストが良い音をだせるのはこれまでの経験の積み重ねで」という一節があり、「ミュージシャンと直観の関係につい…

【書評】仕事が速く、結果を出し続ける人のマインドフルネス思考【人見ルミ・著】③

さて、間に別の1記事挟まりましたが、こちらの書評記事の第3回です。 www.drum-lesson.net 今回もおススメしたい本文中の引用からご紹介。では早速行ってみましょう。 負の感情にラベルをはって飛ばす ここでは「ラベリング」について紹介されています。「ラ…

【書評】仕事が速く、結果を出し続ける人のマインドフルネス思考【人見ルミ・著】②

というわけで前回の続きです。前回よりこちらの本の書評を書いております。 今回は本文の内容に触れますが、書いているうちに「これって演奏や作曲と根っこは同じだな」ということに改めて気が付きました。なのでその辺の内容に関心のある方にはいいのではな…

【書評】仕事が速く、結果を出し続ける人のマインドフルネス思考【人見ルミ・著】①

今回はこちらの本をご紹介…しようと思ったのですが前置きが長くなりすぎたので2回に分けさせていただきます、すいません。 で、今回の記事の論旨はドラムの話の様なミニマリズムの様なその中間の様な話なのですが…まぁミニマリズムも禅と関係しているので互…

【書評】その「おこだわり」、俺にもくれよ‼【清野とおる・作】

今回は珍しく漫画の書評でして、こちらの作品をご紹介。 私は普段滅多に漫画は読みませんが…久々に相当はまってしまいました。 ざっくり紹介すると、「他人からみればどうでもいいことを追求して、そこに喜びを見出す人々の紹介」みたいなものでしょうか。(…

【書評】レバレッジ・シンキング【本田直之・著】

今回はミニマリズムなお話。モバイル・ボヘミアンでも有名な本田直之氏のこちらの著作からいくつかピックアップしたいと。ただ序文がやたら長くなってしまったのでその点ご了承ください…。 本田氏は本書の中でもビジネス書を大量に読むことを推奨しています…

ドラマーの個人練習のメニューの組み方のコツとは?~だらだらやる危険性について~

今回はドラムの練習メニューの組み立て方について。 まぁこれもその人の目指すところや、現在のドラムの習熟度によって違うのですが、今回は「近日中にライブが控えてる」場合に絞って考えてみましょう。 このようなケースの場合、よりクオリティの高い演奏…

【書評】「好き」を「お金」に変える心理学【DaiGo・著】

今回は書評です。メンタリスト・DaiGo氏の著作はこのブログでも何度か引用させていただいておりますが、今回はこちらの本。 自分の好きなことをどうやって仕事にしていくか?についての具体的な方法論というよりかは考え方がメインといった印象でした。STEP…

【書評】好きなことだけで生きていく【堀江貴文・著】

というわけで我が家の書庫のKindle化を進めているので、紙の本を手放し中です。私の忘備録も兼ねて今回も書評です。今回はこちら。 電車のドア横の広告でよく目にするかと思いますが、堀江氏の著書は最近話題の「多動力」と合わせて読むといいと思います。で…

これから「自由が丘」に住んでみたいと思っている方へ~実際住んでみてわかったこと~

今回はミニマリストなお話。 ミニマリスト系の本をいろいろ読むといくつかのタイプに分類されるのは周知のこととして進めますが…おそらく一番の究極の形はこの辺。この方は「お金」というシステムに疑問を持ち千葉の南房総で自給自足の生活をしているそうで…

【書評】まんがでわかる量子論【竹内薫・著】

最近「まんがでわかる〇〇」系が沢山出ています。これは専門以外の人にある特定の分野の知識をシェアしてもらうという意味ではいいと思うのですが、私は単に活字が好きなので今まで敬遠してました。 しかしホントにマンガで分かるのかな?という好奇心がもた…

掛け合わせの力②~パラレルキャリアのススメ~

今回は前回の続きで「掛け合わせの力」のお話です。今回は前回の補足的な記事なので、ほぼ書評ですが、ジャズミュージシャン・文筆家の菊池成孔氏も自身のラジオで、 「ポップスは完全にオリジナルというよりかは、すでにあるもののつぎはぎである」みたいな…

掛け合わせの力①~ドラム以外から学べる事~

今回のテーマは音楽ネタ~書評ネタっぽいお話。 以前の記事でもドラマーが作曲することについて書きましたが、今回もちょっと視点を変えてドラマーのドラム以外の能力に焦点を当ててみたいと。 というわけで、先日雑誌を立ち読みしていたら、シェーン・ガラ…

ドラミングとウィルパワーの関係とは?~セッティングは疲れのもと?~

今回もドラムの話を。ただ割かし抽象的な話ではありますが。 まず今回の題材の本からご紹介。 メンタリストDaiGo氏の2016年の著作「自分を操る超集中力」です。 この中の前半部のキーワードに「ウィルパワー」というフレーズがあります。 とくに心理学系のテ…

演奏の上手さを決める微差力~上手い演奏はなぜ上手い?~

今回は主にドラムの奏法のお話。 そして今回の題材はこちら。Alexandrosの2015年発売の「ワタリドリ」。 www.youtube.com 私は残念ながらAlexandrosについての予備知識は全くないのですが、最近諸用でコピーすることになり叩いてみて気づいたことを書いてみ…

共感覚で音楽を楽しむ?~音と色がリンクした音楽~

最近共感覚の記事が続いているので今回も共感覚のことを書こうかと。 数字と色の共感覚については以前に書いたので、今回は音と色の関係について私なりの感じ方を書いてみます。 まず私の場合は以下の様な音と色との対応関係があります(ちなみに他の楽器奏…